×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



オモイデ

幼い頃に描いていた夢は
大人になって忘れてしまった
こわれたおもちゃは
ずっと こわれたままだ

大きな瞳で見つめていた空は
今はもうこんなに狭い
でも、すごく遠くて
つかむことはできない

約束は果たせないまま
想いはうすらぼけて
今にも消えてしまいそうだ

何かをなくしたような
そんな サミシイキモチ
どこかへ 置いてきてしまった
オモイデのかたち

某自身の感想:この詩は、幼い頃の思い出がどんどんうすれてしまった今
どんな事が自分に残されているのかっていうのをぼけ〜っと
綴ってみた感じです。